僕の戯言

次男が4歳の誕生日だったんだ。

勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン

5月28日で4歳になった自分を高めていく事に必死な保育園児

 

君があっという間の4歳か。

親としてはそんな思いです。

彼は生まれつきの「水腎症」という病気で妻のお腹の中にいる時から、腎臓が肥大していると言われていて、生まれてすぐに順天堂大学病院を紹介され、定期的に通っています。

初めは「大学病院??」と僕たちが躊躇しましたが、特に処置を施すことはなく、経過観察で4年が経過し、もうほとんど異常がみられない状態になりました。

小児水腎症は比較的に多い病気みたいで、ほとんどが小学生くらいになるにつれ自然と良くなる様ですが、初めは3ヶ月に一度丸1日検査に使い、なかなか落ち着かない日を過ごしていました。

今はただ元気に育ってくれている事に感謝。

そして僕を父親にしてくれた事に感謝。

普段は生意気が過ぎて張り倒しそうな時もありますし、ワガママが過ぎて思いっきり殴ろうって思うこともマジでありますが、何より彼の存在に感謝です。

次男が故の板挟み問題に頭を悩ませながら、それがワガママとして親にでる。

長男からは生意気扱いされ、三男からは兄貴扱いされない(対等)

男3兄弟の真ん中って大変だよなって思いながら彼らを眺めています。

僕は6歳離れた妹しかいないので、その気持ちだけはわかってあげられない。彼には彼の大変さがあるんだろうなって。

でも人一倍優しさがって正義感が強い。それでいて甘えん坊で人懐っこくて誰にで挨拶しちゃうし(スーパーとか行くと大変)、それと次男特有の事なのか自分が貰ったものとかへの愛着心が半端ない。

必ず自分の宝箱に入れる。(この前ばーばに貰った10円玉を宝箱に入れてました)

そんなミクロコロンコロンくんの4歳の誕生日。

ケーキを持って行った時の笑顔がたまらなかった。

暗くて見えないですねw

プレゼントは彼がクリスマスか誕生日の時に集めているトイストーリーのおもちゃ。

ウッディやバズ、ジェシー??やポテトヘッドはあるので今回はザーク。

妻が言うにはこのシリーズ全部実物大なんですって。実物ってなんだよ

まぁ何にせよ好きなことやって元気に毎日過ごして行って欲しいと思う親心でございます。

 

彼がどんな大人になるか楽しみ

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 苦しい時こそ
  2. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  3. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  4. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 育児奮闘記

    歯磨き上手だね。でもおじさんみたいだね。

    子供がいると歯磨きを嫌がるって事で悩んでる親御さんは多いのではないでし…

  2. 僕の戯言

    右肩上がり

    どーもー。美容室と鉄板焼きのシャチョーです。今月から開催された…

  3. 僕の戯言

    地域の小学校にセミナーをしてきたんだ。

    どーもー。鉄板焼きと美容室のシャチョーです。先日、自分の息子が…

  4. 僕の戯言

    それは「男らしさ」とは違うと思うんだ俺は・・・

    買い物行くと大体この人とペアを組むんです。…

  5. 僕の戯言

    写真見返すと子供より楽しそうでひく件

    何事も全力で楽しくをモットーとしている僕のお話です。写真を見返…

  6. 僕の戯言

    子供の頃に大好きだった「秘密基地」を作ってみた。

    なんなのでしょう?あれなんなんですかねw&…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  2. 子供を撮影する時にカメラ目線にさせるコツ
  3. 【後編】鴨川シーワールドを楽しむ為に必要な10の事!!
  4. 【パパ必見】鴨川シーワールドを楽しむ為に必要な10の事!!
  5. ミクロコロンコロンの情熱

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    父の日でマジで少し涙が出そうになった件
  2. 僕の戯言

    緊張×緊張=少し切りすぎ・・・
  3. 僕の戯言

    あなたがお客様から選ばれる理由
  4. 僕の戯言

    会社のみんなで海に行ってきたんだ。
  5. 僕の戯言

    子供の歯が抜けて蘇ってきたあの時の僕の記憶。
PAGE TOP