僕の戯言

リレーの選手に選ばれたみたいです。

勝野家長男 蓮ノ介  通称お調子者

運動会で誰よりも速く走るためフォームを再確認中の6歳男子。

 

リレーの選手に選ばれたんだよ。

僕のお休みの日に学校から帰って来てサラッと言って来たんですね。

いいじゃんいいじゃん。お父さんも結構ずっとリレーの選手だったよ。

「え!?そうなの!?」

そうだよ。だから走るの速いよ。(今全力で走ったら肉離れ起こすと思うけど)

クラスで一番速いの?

「いや、一番じゃなかった。○○くんの方がタイムが速かった。」

はぁ??一番じゃないのか!?

・・・・・・

・・・・

じゃあ特訓するぞ。

「え!?いいの!?」

 

 

という事で公園に

 

僕は「頑張ってれば1番じゃなくていい」って事はないと思ってるんです。

努力は周りの人が評価する事であって、それは周りの人が決めればいい。自分で1番を狙わない奴は逃げているだけだと思ってます。

1番になっている人が「人と競っている訳ではないから」っていうなら、それはカッコイイ事ですし、きっとそういうレベルじゃないところで自分を高めているんだと思うんですけど、1番にもなっていない人が言うのは情けない。

だからこそ「競う」大切さを、「勝つ」喜びを、「負ける」悔しさを学んで欲しいと思ってるんです。

実際に親がいくら競う世界を見せずに生きて行かせても、中学や高校、ましてや大学とかの学業でも順位を付けられますしね。

世間様の方がよっぽど厳しい。だから努力をさせます。

1番になるための努力がどれくらい楽しいかを教えてあげられればと思っています。

そう。腕を振って。

手のひらは卵を持つようにソフトな感じでパー。

をずっと繰り返して、時には僕が一緒に並走してあげてギリギリまで限界を感じさせてあげる。

おかげで次の日の僕は変な足の痛みに悩まされましたけど。

6月の頭に運動会があるのですが、今のところリレーの練習では必ず1番になるみたいです。

って言っても第一走者なのでそんなに大した事ないですけどねw

まぁ本人が楽しそうだったので何よりです。

それでは皆さん暑くなってきたので小まめな水分補給は忘れずに。

 

それでは蓮ノ介に愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. ミクロコロンコロンのお食事事情
  2. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  3. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. 苦しい時こそ
  5. 親が結婚35周年だったんだ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    お、お前ら・・・・

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼3児の父です。…

  2. 僕の戯言

    【3兄弟】テイストが少し違う次男(笑)

    誰に習ったんだろう。だれが教えてくれたんだ…

  3. 僕の戯言

    ハンバーグ師匠

    自分の息子ながらつくづく思います。本当に思うんですよね。…

  4. 僕の戯言

    なんかあっという間だなぁってつくづく思う事

    月日が過ぎるのは早いなぁって凄く感じますね。…

  5. 育児奮闘記

    子供の質問に困った時はこうすればいいんだ。

    長男が凄い成長してきましたね。なんだか急に成長した気がするなぁ…

  6. 僕の戯言

    どんどん食べるようになってくるな。

    この前の休日のお昼に回転ずしに行ったんです。特に理由はなく、な…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
  2. 僕の戯言

    自分だって若くてどうしようもない時はあった。
  3. 僕の戯言

    お、おう・・・
  4. 僕の戯言

    どうしてうちの子は食べてくれないの・・って悩んでる親御さんへ
  5. 僕の戯言

    鴨川シーワルドに行ってきたんだ。
PAGE TOP