僕の戯言

ミクロコロンコロンの拾ったもの。

勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン

かなりの勢いで独自性を醸し出し、その中で自分を日々高めている今月で4歳になる男。

 

僕は彼をこう呼ぶ・・・「マイペーサー」

そう。何を隠そう彼は極端なまでにマイペース。

どこに行こうが、誰と居ようがそのペースを乱さず、常に自分の信念を貫く強さを持ち合わせている。

旅行に行って長男と三男が朝方寒がって布団にくるまっていようが

 

彼は御構い無し。寒さも感じず夏の暑さにも負けず、丈夫な体を持ち欲は無く・・・・

さて、そんな次男のちょっと変わったお話をさせて頂きます。

 

ヤメてーー。それヤメてー。

 

旅行に行く途中で談合坂のサービスエリアに寄ったんです。早速に朝食を済ませた僕たちは各自で自由な時間を作りました。

スタバに行く人、アイスを食べる人、トイレに行く人。

次男の「僕はお父さんチーム!」の謎の一声で僕と次男のペアが決まった。そうチームではない。ペアだ。

この旅行中に何をするにも「僕はお父さんチームーっ!!」って事あるごとに言っていたが、二人しかいないのにチーム制を声高らかに言うほど恥ずかしいものはない。

そんな僕と彼のチームはサービスエリアでの空いた時間を使ってお散歩をする事になったんだ。

芝生の上を走り回ったり、虫を見たりしている彼を遠目で眺めていて「旅行に来て良かったな」ってすぐに思った。

そして彼がちょっと遠慮気味に

 

「おとうさん。おとうさん・・・」

 

ん?どしたの??

 

「あのさ。僕さ。うんち拾ったよ。」

 

は?

 

 

いや、お前・・・・・

それ自分でもイマイチな事ってわかってる顔だよな??

 

「しゅん。虫のうんち拾った」

 

やめて。うん。それやめてー。

 

なんで虫のうんち拾うの??

 

「虫のうんちあったから・・・・」

 

いやいやいや。登山家じゃないんだから。アルピニストが山を登る理由で「そこに山があるから」なら分かるけど、そこにうんちがある度に拾われたら困るよ。

旅行だから許される事って確かにあるよ。

結構わがままが許されたり、普段買ってもらえない様なものも買ってくれたり。

でもうんちは拾っちゃダメだよ。

わ、わかるよな??

 

 

じゃあみんなに内緒にしておこうな。

お母さん絶対に怒るからな。

って話した後の笑顔が今でも忘れられない・・・・・

 

スッゲーくだらない内容を最後まで読んで頂きありがとうございますw

 

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. 親が結婚35周年だったんだ。
  3. 父親としての子供との時間
  4. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  5. ミクロコロンコロンのお食事事情

関連記事

  1. 僕の戯言

    ヘアショー(スピンオフ 大樹編)

    先日のヘアショーで僕たちはトップバッターだったんで…

  2. 僕の戯言

    自ら掃除をする人は謙虚な人が多い

    会社や自宅で自ら気付いて掃除とかしていますか??…

  3. 僕の戯言

    笑わない店員さん・・・

    いつもニコニコしている人や明るい空気の人の周りはい…

  4. 僕の戯言

    オススメは「トマト味の焼き」です。

    この前ホクホクのバイトの子達に集まってもらって会議…

  5. 僕の戯言

    どーでもいい事山の如し

    しっかし食べるなぁ。よ…

  6. 育児奮闘記

    凄い気になってたんだけど言わせてもらうね。

    この前さ、ヒーローショーに行ったじゃん?&…

おすすめ記事

最近の記事

  1. りょ、料理うまいよね・・・・
  2. 自分が親なんだって再確認する父の日
  3. 明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・
  4. 1つの不幸と10の幸せ
  5. 不思議な子だけど芯がある

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    りょ、料理うまいよね・・・・
  2. 僕の戯言

    兄弟っていいなぁって思う
  3. 僕の戯言

    素敵な人たちに囲まれてるってしみじみ感じた件
  4. 僕の戯言

    ちくわ手づくり体験をしてみたんだ。
  5. 僕の戯言

    自分だって若くてどうしようもない時はあった。
PAGE TOP