僕の戯言

大切な時間を無駄にしない

どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。

あと少しで9月も終わりですね。最近は朝晩と涼しくなって、あと2ヶ月もすれば年末ですからね。毎日を楽しまないとあっという間に時間は過ぎて行ってしまいます。

 

楽しんでいますか?

すごい唐突な質問ですけどね。毎日を楽しんでいますか?それとも仕事や家事、育児に追われる毎日に疲れていませんか?

綺麗事ではなく人間ですから疲れる時も沢山あります。ただそんな時みなさんはどんな風にリフレッシュしていますか?

意外と時間が無いって言って毎日を同じで過ごしていませんか?

じゃあ時間を作ればいい。って言っても実際は簡単に作れないのが現状だと思います。じゃあどうするか?これは僕の方法なんですが、そんな時は見る角度を変えるんです。

僕も仕事で頭がパンパンになる時があります。家に帰っても仕事のことを考えてその場を楽しめなくなったりするんですよね。

でも実際はそんなのって無意味だなとよく思うんです。だって考えてる事のほとんどは、AだろうがBだろうがさほど結果は変わらない事が多い。

ましてやそれをその瞬間じゃない所で考えていても勿体ないんです。

だから見る角度を変えて、その場を楽しむが最良の選択だと思います。だって楽しんでる人には仕事も遊びも絶対に勝てない。

家に帰ってDVD観るならそれを楽しむ。子供と遊ぶなら全力で遊ぶ。友達と遊ぶならそこだけに集中。それで仕事は仕事で集中して楽しむ。

それがきっと今を生きるって事だと思うんです。

でないと大切な時間が勿体無いじゃないですか?子供との時間や彼女や彼氏、友達の時間も勿体無い。

それでその場を楽しんでいて笑ったりしていると、意外と疲れなんて飛んじゃう事の方が多いですよね。

今の世の中の人のほとんどが体の疲れより頭の疲れだと思うんです。だからこそ何も考えずに目の前のことを楽しむ事が大事なんじゃないかって思います。

仕事している時は仕事。遊んでいる時は遊び。ご飯食べてる時はご飯。ってな感じで。

まぁ究極を言えば仕事も遊びみ何でも境目を無くすっていうのが、究極だと思うんですけどね。どうしてもまだそうなれない部分がある自分を整理するために書いた記事でした。

 

それでは生意気な三人に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  2. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  3. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  4. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  5. 苦しい時こそ

関連記事

  1. 僕の戯言

    それは「男らしさ」とは違うと思うんだ俺は・・・

    買い物行くと大体この人とペアを組むんです。…

  2. 僕の戯言

    季節ごとのイベントってやっぱり大事だなって件

    うちの会社では季節ごとにそのイベントを楽しんでお客…

  3. 僕の戯言

    無限の可能性を親のエゴで潰さない

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。妻…

  4. 僕の戯言

    僕がアンデルセン公園を嫌いな理由

    前々から計画していた「みんなでアンデルセン公園に行こう」が火曜日に実施…

  5. 僕の戯言

    お前が最速でそして輝いていたぞ。

    えこひいきなんかじゃない。親だからとかじゃない。絶対にあの運動会でお前…

  6. 僕の戯言

    ただひたすら我武者羅に。

    「どうせモザイクかかるでしょ!?w」そんな言葉から始まった役員…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    目的も無く独立をしようとする人
  2. 僕の戯言

    それは「男らしさ」とは違うと思うんだ俺は・・・
  3. 僕の戯言

    【秘技】1歳児くらいで起きる「パパ見知り」の乗り切り方を教えます。
  4. 僕の戯言

    保育園の入園が決まって思う事【スーツのおじさん編】
  5. 僕の戯言

    会社の花見が初めて成功したんだ。
PAGE TOP