僕の戯言

ミクロコロンコロンの悩み

勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン

スペック 最近どうやら保育園で好きな人が出来たみたいで、朝は必ず寝癖を直してドライヤーをする4歳になりたての男。

 

色々な事に興味が湧く時期

5月に4歳になったこの男は少年と幼児の間をさまよい中。

急にお兄さんになったり、急に抱っこして欲しくなったり、かと言えば子供扱いして欲しくなかったり、食べる量は成人女性並であったりと今は色々な隼ノ介の模索中ですね。

そんな彼はサッカーや空手、兄貴がやってるお勉強など様々な事に興味津々なのです。

先日はある事に悩んでいました。静かに何かやってるなぁとか思ってたら何かを書いていたんです。

 

 

そう。自分の名前です。

 

ふむふむ。

ちょっと見せてごらん。

うん。まぁまぁうまいよ。

4歳にしては上手だと思うよ。

自分の名前くらいは書けた方がいいしね。

でもそう言うの結構凄いよね。物体というか、形を捉える力が結構ある気がするんだよね。

だから字も結構すぐに覚えられるし、絵も上手。

でも何か悩んでいるよね。何か上手くいってないのかな?

「んーー〜。お父さんコレ何て読むかわかる?」

 

う、うん。

お、お父さんはわかるけどお前はわかる?

「うん・・・カツノシュンノスケ・・」

 

う、うん。そうなんだけど。

そうなんだけどね。お前が指した字のところをね。

まぁいいか。

 

 

好きこそ物の上手なれ

得意は好きから生まれると思ってます。

大人も子供も。

子供の得意を作るのは本人が好きが大前提ですよね。大人も一緒で好きじゃないことって中々身につかない。

大人はその事柄の中で好きを探し出せたり、好きなこととやるべき事を分けたりできるけど、子供は楽しいことしか率先してやらない。

でもそれでいいと思います。

楽しいことから始める。

大人も絶対にそうあるべきだと最近感じる事が多くなりました。

1度しかない人生。楽しいことを沢山やってまだまだ自分の得意を伸ばして行きたいなって思った子供の字の勉強時間。

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  2. 親が結婚35周年だったんだ。
  3. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  4. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  5. 彼が【男泣き】をした理由

関連記事

  1. 育児奮闘記

    子供の質問に困った時はこうすればいいんだ。

    長男が凄い成長してきましたね。なんだか急に成長した気がするなぁ…

  2. 僕の戯言

    古き良き時代の文化「凧上げ」

    お正月に帝釈天の帰りに土手に寄ったら凧上げしている人が沢山いたんです。…

  3. 僕の戯言

    こんなに息子に愛されて嬉しい。

    なんでこんなに子供に愛されるんだろう。普通お父さんってちょっと…

  4. 育児奮闘記

    風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン特技 僕たちの世代に…

  5. 僕の戯言

    「それ・・お前のさじ加減だろ・・・」って絶対に言う話。

    うちでは美容室も飲食もブラックボードを活用するんで…

  6. 僕の戯言

    ちくわ手づくり体験をしてみたんだ。

    昨日からの続きです。見てわかると思うんですけど、ちくわを手づく…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること
  2. 僕の戯言

    こういう人って成長できない典型的な例
  3. 社員ネタ

    毎日続けることで才能をも凌駕する
  4. 僕の戯言

    季節ごとのイベントってやっぱり大事だなって件
  5. 僕の戯言

    なんかこの写真見てたら仕事したくなくなってきた
PAGE TOP