僕の戯言

今年もよろしくお願いします!

みなさまお正月気分は抜けましたか?

僕はすっかり抜けません。いまだに曜日感覚が狂っていますw

普段3連休で休む事などないので、イマイチ体がエンジンかからないんです。

 

正月らしい正月の過ごし方

勝野家の元旦の過ごし方は、もう何十年も変わっていません。どこの家庭でも元旦の過ごし方ってあると思うのですが、うちはまず始めに朝一で御墓参りをします。

これなんでなんでしょうか?理由はわかりません。物心ついた時にはもうすでにそうでした。

そしてその後は実家でおせち料理を食べて新年を祝います。その後夕方からは母方の実家に向かい、30人くらいの宴会が行われます。そして地元に帰ってきて、母のお姉さんの家族と母の従兄弟の家族と小岩の居酒屋で呑みます。

これが正月の決まりです。鉄則です。

 

 

各家庭で様々なお正月。

 

こういう過ごし方をスタンダードだと思って生きて来たので、他の方のお正月のお話を聞くのが楽しいです。

あ、以外と普通に過ごすんだなとか、旅行に出かけるんだなとか、うちと似てるなとか、いろいろなお正月がありますよね。

そして2日目は妻の実家にご挨拶。

img_7219

 

結構な田舎・・・って言うと妻がうるさいのでのどかな感じです。

いや、妻のお母さんも僕のブログを読んでるからな、のどかって言うか静寂に包まれた素敵な場所です。

妻と妻のお母さんが買い出しに行ってる間に、僕たちは家の周りを散歩。

 

「ねぇ。何も無いけど何して遊ぶの?」

img_7223

お前ら失礼なこと言うんじゃないよ。

子供は遊具なんて無くたってどこでも遊べるんだよ。戦隊ごっこでもしなよ。

img_7229

 

 

「うん。じーじのとこ行ってコタツに入ろうよ・・」

img_7233

 

そ、そうするか?

ってな感じで2日目はまったり過ごしたんですけど、僕は本当にこの場所は大好きです。

緑の匂いがして静かでリフレッシュできます。

 

という感じで過ごしたお正月。お正月を家族で過ごすって日本特有の文化ですよね。海外とかではハッピーニューイヤーで盛り上がりますけど、その瞬間だけで三ヶ日っていう独特の正月の空気ってないですもんね。

さて2017年が始まりました。

今年も社員一同全力で突っ走り泥臭く暴れまわりたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。

 

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  2. 父親としての子供との時間
  3. ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. なんか感慨深いものがあった入学式
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 僕の戯言

    子供特有の【無限ループ系】の遊びの攻略法

    ジーーーーーーーーーー・・・・…

  2. 僕の戯言

    こういう人って成長できない典型的な例

    もうこの「太一ノート」で何冊目かな?たぶん7冊目。&nbs…

  3. 僕の戯言

    違う!そうじゃない!どうしてそうなったw

    前にもお話しした通りうちの長男が「お勉強」にハマっ…

  4. 僕の戯言

    父の日でマジで少し涙が出そうになった件

    えーっと。父の日のお話ですが、うちの父の日はこの前…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    水疱瘡に全力でかかってみる。
  2. 僕の戯言

    【これは驚き】すげー新人が入ってきた・・・
  3. 僕の戯言

    僕達は何かで結ばれてる気がしてたんだ。
  4. 僕の戯言

    親が子供にさせたい事と子供がしたい事は多分違うと思う件
  5. 僕の戯言

    ゴツ気味な男の情熱
PAGE TOP