僕の戯言

目的も無く独立をしようとする人

どーもー。美容室と鉄板焼きのシャチョーです。

今日はこの前の会議で話したお話を少しだけ。

 

少し面白い業界

美容業界のお話なのですが、少し面白い風習というか、不思議だなと思うところが僕はあるんです。

みんな下積みと言われるアシスタント時代から何年も掛け、それこそ血の滲むような努力を重ねスタイリストになるわけです。

そしてスタイリストになり数年経つと「独立」って頭に浮かぶんです。もちろんアシスタント時から夢は「独立」って言っている人も沢山います。

でもそもそもそれがおかしいんです。

これは完全に僕の主観的な意見です。

何で美容師で髪が切れるようになったから会社を経営出来ると思うのか?

どこかの会社の経営者が急に「美容師になって髪を切る」って言ってるのと一緒で無理です。

美容師(スタイリスト)になるためには専門学校を卒業し、就職して技術を身につけなければいけません。いけませんっていうか美容師になれません。

会社を経営するっていうことも一緒です。髪が切れるから会社を経営できるかって言ったら全く違うことです。

美容師さんと一緒で経営を勉強しないと厳しいです。

サロンに従事している間に、社長や経営陣と沢山関わり勉強し、何がわかっていないと経営できないのかを学ぶべきなんです。

カットが上手いから経営も上手くいくわけではないです。

全く別の話なんです。じゃあどこに問題があるか?

夢は「独立」になるからです。

独立(自分のお店を出店)することはゴールでなくスタートです。出店した後に、独立した後に何をしたいのかを決めておくべきなんです。

美容師さんはそれがない事が多い気がします。

出店することは誰でも出来ます。別に凄くないです。美容師免許とお金さえあれば誰でも出せます。カットが上手くなくても出店は出来ます。

出店して後にそれを続ける事が難しんです。そこで必要になってくるのが目的です。

 

目的を持って始める

出した後にその自分のお店や会社で何をしたいのか?

単純にお金を稼ぎたいのか?地域に根づいたお店を作りたいのか?少し高級感のあるお店にしたいのか?

まぁ目的は人それぞれで沢山あります。

でも目的が明確ならやる事が見えてきます。利益重視なら価格設定や売り込み方、地域に根付いたお店なら地域のイベントや町内会に参加したり、高級感のあるお店なら・・・・

とやる事が見えてくるはずなんです。これも出店する前の事業計画書の段階で決めるべきです。

っていう最低ラインの事すら考えていない人が多いんじゃないかなと。

だから美容師さんで言ったら独立は目的ではなく目標です。

目標は目的を達成させるための通過点です。だから自分のやりたい事は本当に独立をしないと出来ない事なのかを考えた方がいいのでは?と思う事が多々ある美容業界のお話です。

ちなみに、うちの社員が言ってきたわけではありませんwですが日頃から口を酸っぱくして言っている事です。

そして自分の会社を起業しようとしている美容師さんを否定しているわけでは無く、何も考えないで夢が独立って言っている人に「会社経営を甘く見てるの?」って思ってるっていうお話です。

それではそんな美容師さんに愛を込めて

勝野太一朗

 

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 彼が【男泣き】をした理由
  2. 君を見ていると思うこと
  3. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. いや、100㌫全開だよ。
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。

    あいつが帰ってきた。暴れん坊のあいつが帰ってきた。1年…

  2. 僕の戯言

    あなたは悔し涙を流せるほど本気になっていますか?

    先日うちの美希と琴音がメイク講習を行ったんですね。…

  3. 僕の戯言

    僕たちのお正月

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。み…

  4. 僕の戯言

    「あたりまえ」の事を徹底して積み重ねるしかない

    この前うちの熱血男、通称アベダイキとミーティングが…

  5. 僕の戯言

    「自分の為に怒る。相手の為に叱る。」が多分正しい。

    「叱る」と「怒る」の違いってわかりますか?…

  6. 僕の戯言

    HOKUHOKUが2周年を迎えたのだ!【祝】

    お陰様で本日でホクホクが2周年を迎えました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    凄い気になってたんだけど言わせてもらうね。
  2. 僕の戯言

    【これは驚き】すげー新人が入ってきた・・・
  3. 僕の戯言

    自分をいかに受け入れられるかだぞ!!
  4. 僕の戯言

    やってみせ、言って聞かせて、させてみて・・・
  5. 育児奮闘記

    風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
PAGE TOP