僕の戯言

1つの不幸と10の幸せ

最近ブログを見てくれる人が多くてよく言われることがあるんです。

この前も半年ぶりくらいに飲みに行った友達から「本当幸せそうだよね」って言われたんです。

まぁ実際幸せですし、そう見えてるなら何よりですけど、僕だって楽しいことばかりじゃないw

大変なこともスーパー腹たつことも沢山あります。

 

人間だもの

いや、むしろ感情的になりやすい方なんじゃないかって思ってます。

この前もまぁ僕の中ではありえない事があったんです。時間が経っても「まぁいいか」って感情になっていない事なので、僕の中では無しな出来事です。

腹立つ通り越して落ち込むくらいにもなったりするわけです。

でもね。そんな場合じゃないんです。

そんな事に捉われてる場合じゃない。僕には目の前に大切な人が沢山いるから。

そんな事を考えてる暇が勿体ないんです。1つの不幸(嫌な事)で10の幸せを台無しにするわけにいかないんです。

もうすでに過去の出来事となっている事に、僕の夢や社員の夢を潰されるのは尚もったいない。

その出来事は僕の中ではもう終わった事。だからそんな事に捉われてないで自分たちの楽しいや幸せを感じないと。

っていつも考える様にしてます。

究極を言えば10の不幸も1の幸せで吹き飛ばせる様な人になるのが一番ですよね。

そう考えると嫌なこともあるし、大変なこともあるけど、自分って恵まれてるなぁって改めて感じるんですよね。

過去に捉われず、未来に怯えず、今を生きる

いい言葉ですね。

幸せを感じるのも自分だし不幸を感じるのも自分。全部自分次第。

そう考えると自分の周りには素敵な人が沢山いるはずだから、不幸を感じている場合ではないはず。イライラして落ち込んで大切な仲間まで嫌な気分になっちゃったら、それはそれで嫌ですしね。

だからそういう事があったら考えてもしょうがないんですから、放っておいて目の前の大切な人たちの為に色々やっていきましょう。

それでは10の幸せに愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. とにかく楽しすぎる私の日常
  2. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  3. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  4. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  5. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?

関連記事

  1. 僕の戯言

    4月から入社する君たちへ伝える3つの事

    ホクホクのジャージを作ったんです。外のイベントとかも多いので、…

  2. 僕の戯言

    僕がこんなに楽しいアプリを一瞬で嫌いになった理由

    いやー楽しいアプリがあるんですね。うちのクルー達が持っていたアプリなん…

  3. 僕の戯言

    古き良き時代の文化「凧上げ」

    お正月に帝釈天の帰りに土手に寄ったら凧上げしている人が沢山いたんです。…

  4. 僕の戯言

    上司になるほど仕事量は増える?それとも減る?

    これは最近よく思う事。僕が思う上司論ですよね。…

  5. 僕の戯言

    多分ですけど詐欺にあいました。

    まだ確定ではないんですけど、十中八九そうだと思います。まぁこん…

  6. 僕の戯言

    違う!そうじゃない!どうしてそうなったw

    前にもお話しした通りうちの長男が「お勉強」にハマっ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    地域の小学校にセミナーをしてきたんだ。
  2. 僕の戯言

    「パイセン会議」に出席してパイセンとして思った事
  3. 僕の戯言

    酔っ払い上司にはこう対処した方がいい
  4. 僕の戯言

    「かなりせりせり」
  5. 僕の戯言

    昨年末に過去最高記録を出せた理由
PAGE TOP