僕の戯言

えーーーーっと・・・家族旅行!!

本当につい先日の話なんですけど、家族旅行に行ってきたんです。

そもそもが富士山のふもとにある新屋山神社という所に行くのが主の目的です。

その新屋山神社は最強金運神社と言われていて、船井総研の船井さんが「お金に困りたくなかったら行くべき」と言われ、それを知ってから4年前から旅行がてら必ず行くようにしています。

 

リフレッシュ感が違うね。

仕事も本気、遊びも本気の僕は旅行と言えば出発は6時。家族からのブーイングをヨソに着々と1泊2日の計画を立て、今回の旅行に臨みました。

だからSAで1時間くらい朝食がてらゆっくりして

てんやわんやしてても富士山のふもとに着いたのは9時前。

旅行はやっぱりコウでなくっちゃと一人考えながらお参りをしていました。

でも不思議ですよね?なんで旅行の時って普段なら絶対に食べない朝食メニューをチョイスしてみたりするんでしょうか?

 

長男はラーメンAM7:00

 

次男はオムライス(大盛り)AM7:00

 

三男と甥っ子はテンションマックスAM:7:00

 

坂西と長男 将来の夢を語る AM7:40

 

謎の「お父さん・・虫のうんち拾ったよ・・」AM7:50

 

不思議ですね。旅行って不思議ですよね?人に普段とは違う行動をさせるって旅行って不思議です。

昼前には神社の祈祷も終わりホテルのチェックインまではだいぶ時間があったので、御殿場のアウトレットに行きました。

僕なんかは特に買いたい物もなかったので、他の大人たちの買い物を待っていたんです。

広大な敷地内にある、有り得ないくらいの小さい公園で子供と遊んで待っていたんですけど

リフレッシュされますね。休みの日は遊びにはよく行きますけど、旅行ってやっぱり気分が違います。

こんな広い敷地内になんでこんなに公園が小さいかは今だにわかりませんが、それでもリフレッシュできます。

 

こんな段差を登れずずっとこの態勢でヘルプ待ちしている甥っ子ですけど、本当にリフレッシュできます。

昨年はバタバタしすぎて旅行に行けなかったわけですが、改めて思う事はこういう時間は大切。

時間は出来るものじゃなくて、間違いなく作る物。

人にとって間違いなく時間は有限であって無限ではない中で、どれだけ楽しんで人生を過ごすかって全部が自分次第なんだなって、こんな彼らの顔を見てて思いました。

 

まだまだ続きがある旅行記。明日も気分が乗ったら書きます。←ちょー適当

 

それでは家族に愛を込めて

勝野太一朗

 

 


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 「フォッコ」と「きゅうり」
  2. 親が結婚35周年だったんだ。
  3. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. 苦しい時こそ
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 僕の戯言

    「仕事と育児」時間がないのはどっち?

    今日は「仕事」と「育児」どちらが時間が無いかを僕なりの見解でお話を。…

  2. 僕の戯言

    僕の「遊ばせたいな」の気持ち。

    先日コストコに行ってきたんですね。&nbs…

  3. 僕の戯言

    男3人で過ごしてみたんだけど【パパ飯はオムライス】

    先日、妻と三男が体調を崩し僕と長男と次男の男3人で…

  4. 育児奮闘記

    えっっっと…違うな・・・

    この前IKEAに行った時に思った事です。&…

  5. 僕の戯言

    大親友

    みなさんには親友って呼べる人がいますか?僕にはいます。大切な友…

  6. 僕の戯言

    終わりを思い描く事から始める

    お仕事でもプラベートでもそうですけど、目標とかって…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 自分が親なんだって再確認する父の日
  2. 明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・
  3. 1つの不幸と10の幸せ
  4. 不思議な子だけど芯がある
  5. 子供の「絵」が意味するもの。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    ミクロコロンコロンの不満
  2. 育児奮闘記

    2歳児ギャングの苦悩
  3. 僕の戯言

    父親としての子供との時間
  4. 僕の戯言

    友達に感謝。大切な場所だなって改めて思う。
  5. 僕の戯言

    古き良き時代の文化「凧上げ」
PAGE TOP