僕の戯言

まずは1ヶ月、頑張った新人へ僕が思う事

早いもので5月も半ばとなりましたね。

どんな職種でもどの企業でも4月に新人が入り、そろそろ「第1期辞めたいんだ病」が発動している頃ではないでしょうか?

先日ですね。今年の4月に入社した3人のうちの一人の子。通称サラと食事(ミーティング)に行ったんですね。

すいません。ミーティングの時の写真を撮ってなくてコレしかないです。

ってかコレがホームページの写真ですw

 

甘っちょろい事、言ってんじゃねぇよ。

最近の世の中の風潮で「厳しくしない」「部下に言わない」そんなフザケた話をよく聞くんですけど、うちではそれは一切やっていません。

だってそれって誰の為ですか?本人の為?会社の為?誰の為になるのかさっぱりわからないです。

自分の会社の部下や後輩に叱咤の一つも出来ないなんて、本気で人を育てた事がないからじゃないかな?って思うんです。

だからこういう場合の問題は基本上司にあるんですね。

傍観する事と見守る事の違いがわからず勘違いし、常に部下に対して理解ある上司でいる事が良い上司とはきちがえ、後輩達に甘い態度で接する事の後の大変さを理解していない。

誰が大変ってそんな風に育てられた人が後に一番苦労するんです。

だからうちでは本気で向き合います。

厳しい事を言う時もあるし、上司だって人間だから間違いもある。厳しい、楽しい、夢中といろいろ事を共に繰り返すから育てる側と育てられる側が成長するんです。

そしてリスペクトし合える中になる。

 

 

って思いながら臨んだミーティングだったけど

 

僕が思っている3倍くらいしっかりしてました。

きっと彼女の直属の上司達が本気で情熱を持って接してくれているのでしょう。

新人のこの時期は今までの価値観やプライド、当たり前をズタズタに削られて変わっていく時期です。

大変だな。辛いな。楽しい。頑張るぞー!を繰り返しているみたいです。

「何が一番大変?」「どこが一番辛い?」「何が一番楽しい?」の質問にもしっかり答えていました。

だから安心したんです。何が「大変」と自分で明確化出来ていれば、答えを探してあげる事も、ヒントをあげる事も出来るから。きっと自分で自分の事をしっかり考えろって言われているんだろうなと。

 

「社長!BBQ楽しみにしていてください!出し物スゴイですよ!」と恒例の新人の出し物をこんな風に期待させられたのは初めてです。

そんな勢いのある彼女をしっかりと育てていきたいと思った季節の変わり目。

それでは紗羅に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. いや、100㌫全開だよ。
  2. 苦しい時こそ
  3. 君を見ていると思うこと
  4. 「フォッコ」と「きゅうり」
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    君を見ていると思うこと

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。名…

  2. 僕の戯言

    子供特有の【無限ループ系】の遊びの攻略法

    ジーーーーーーーーーー・・・・…

  3. 僕の戯言

    花見したんだけど、花見の前の辛い出来事を報告する

    毎年恒例の花見をやったんですね。&nbsp…

  4. 僕の戯言

    情熱は必ず伝染する。

    僕が仕事をしている中で、もっとも大切にしている事…

  5. 僕の戯言

    妻に感謝

    勝野の妻 真紀  通称 真紀及びお母さん先月で結婚8年目を迎え…

  6. 僕の戯言

    昨年末に過去最高記録を出せた理由

    あけましておめでとうございます!今年初ブログです・・・・・お正…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。
  2. 僕の戯言

    美希の悪口を凄い言ってみる
  3. 僕の戯言

    朝にゆっくりする時間なんてない!!!
  4. 育児奮闘記

    一歳になったみたいだな。
  5. 僕の戯言

    いつの時代も楽しいものは楽しい
PAGE TOP