僕の戯言

結局のところ「行動する人」しか成功しない

うちでは月一回全社員で全体の会議を行います。

美容室も飲食も全員が集まります。

その時に「自分ももっとやらなくては」って感じる事があったんです。

IMG_7989

 

 

口だけは達者になるな

一人一人が自分の視点で全体の改善点や、己の改善点や良かったところを発表していくんです。

大樹に順番が来た時に「毎朝チラシを配りに行っていて」って話をしていて、まだ2週間くらいだけどもうお一人ご新規様が来店されたと。

素晴らしいなと。

その行動力は本当に凄いなと。確かに継続力はまだ弱いけど、行動力は間違いなくついてきてる。

IMG_8144

個人ミーティング(未来会議)の時に、「チラシを継続的に」って話をしてから毎朝営業前にチラシを配ってる。

そしてこの全体会議の後にもチラシを配りに行ったみたい。

こういう行動ってなかなか出来るもんじゃないと思うんです。やった方が良いってわかっててもやらない事って沢山あるじゃないですか。

だから彼の姿勢は素直に尊敬しますし、偉いなって思います。

でも世の中には全く行動を起こさない人も沢山います。

やっていない結果だけを並べて一切の行動をしない人。そういう人の周りの環境は絶対に変わらない。

 

全員がリーダーシップを

責任を「他」に持っていく事は簡単で誰でも出来ます。僕は自分で改善や行動を起こさない奴は責任転換がうまい人だと思っています。

そういう人の話は大抵「◯◯だった。」「また次頑張る」「◯◯だった」「また次頑張る」って永遠に繰り返すんです。

「だった」って聞こえによっては相当な他人事だし、そんな事は報告しなくてもわかる。

会社でもどんな仕事でもそうですけど「成績が悪かった。来月は頑張ります。」って仕事の報告じゃないですよね。

問題は原因を追求してい事なんです。だから失敗だとも思っていない。

だからそうならない為に全員がリーダーシップを持つ事が大切なんです。ここでいうリーダーシップは「まとめる、たばねる」ではありません。責任です。

責任があれば自分ですべき行動も考えますし、危機感や充実感の持ち方も変わってくると思います。

全員がリーダーシップをもちハイクラスな集団である為に、まずは自分がもっと変わらなくてと思った2月の定例会議でした。

 

それでは無責任な人に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  2. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  3. 苦しい時こそ
  4. 「フォッコ」と「きゅうり」
  5. 君を見ていると思うこと

関連記事

  1. 僕の戯言

    本当にあった怖い話。〜九十九里の守り人〜

    昨年の九十九里で目撃情報が絶えなかったある物体。い…

  2. 僕の戯言

    日本人としての礼儀と行儀を忘れてはいけない。

    親として子供に絶対教えておかなければいけない事。それは礼儀と行…

  3. 僕の戯言

    なんかこの写真見てたら仕事したくなくなってきた

    何なんだろうこの光景。凄い休日感が満載な映…

  4. 僕の戯言

    チーム力とは信頼そのもの

    どーもー!キャンパー兼美容室と鉄板焼きのシャチョーです。8月も…

  5. 僕の戯言

    やっぱりサボる人っている。大盛況に終わったビューティーフェスティバル。

    先日の火曜日に定休日を使って地域の方向けにあるイベ…

  6. 僕の戯言

    男の子はみんなお父さんが大好き!

    勝野家の三男でイケメンと言われまくってる「仁」…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    イベントの罰ゲームにオススメの18禁カレー
  2. 育児奮闘記

    どうしてもお兄さん振りたいんだ。
  3. 僕の戯言

    怒りのミクロコロンコロン
  4. 僕の戯言

    このスポーツやってほしいとかはただの親のエゴ。
  5. 育児奮闘記

    三男は三男で考える事が多いんだ。
PAGE TOP