僕の戯言

あえて初心者マークを付け直す時期

先日はうちのルーキー紗羅とミーティングでございました。

帰り際に「さぁ帰るか」と行ったら「社長!今日ペアルックです!」と言う事で写真を撮らせて頂きました。

*絶対に笑わないバージョン

 

第一段階突破かな?

まぁ色々お話をしまして、楽しい事、嬉しい事、苦しい事、大変な事、愚痴、意見と色々混ざってお話がありましたが、そこはしっかり分別してあげて中々中身の濃いミーティングになったのではないでしょうか。

そもそもこの時期の新入社員は、もう新入社員と呼べない、いやまだ新入社員だと言うような初心者マークが外れ出す時です。

そう言う時っていろんな事が起きるんです。

周りとの環境や、仕事との向き合い方など、良い意味でも悪い意味でも慣れと言うものが出始める時であり、色々と視界が良好になり始めるので感じる事も多くなってくるわけです。

その時に上司が気をつけるべき事は意見と不満をしっかり分けてあげる事。

意見とは組織やチームの目標達成や改善のための手段提案。

不満は個人のわがままです。

入社当初は誰がどうだとか、練習がどうだとかも考える余裕もなく、ただ従うが当たり前だったのが「なぜ?」を沢山思うようになってきたんです。

でもそれが第一段階突破のチャンス。

ここで甘えさせず詰めてあげるw「甘えてんじゃねぇよ」をソフトに言ってあげる。

まぁ言い方(伝え方)はその本人との関係性が全てなので、100通りあって良いと思いますけど。

すげー気合入ってる子です。しっかり育てて行きたいなって思うんです。

 

 

自分で思ってるより良い感じだと思うけど

「本当にダメダメで」「いつも叱られてばかり」「うまく行かない」そんな言葉を言ってましたけど、そもそも何をそんな簡単にうまく行くと思ってたの?

なんで何も経験がないのにうまくいくイメージがあったの?みたいな話をしました。

僕から見て社員のみんなと楽しそうにやってるじゃん。「はい。みなさんと話している時は楽しいです」

とりあえずそれで十分だよ。

それでも営業中に上司から厳しい指摘を受けたり、叱咤されたりするのは君のため。

上司も仕事の事とフザける事をしっかり分けているんだよ。

今は沢山失敗して経験を積みなさい。社会人の初めはそれで良いから。出来なくて当たり前。君は十分にやろうとしているから大丈夫。しっかりやろうとしてるから苦しいんだからね。

わかるよな?

頑張ろうな!

それでは紗羅に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. 彼が【男泣き】をした理由
  3. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?
  4. KFC始動したぜ!!
  5. 日に日に成長していく彼らを見て思う事

関連記事

  1. 僕の戯言

    「目的」が「手段」に変わっていないか?

    仕事やダイエットなど、なんでもそうだし誰でもこの現…

  2. 僕の戯言

    自分の息子が小学生ってなんか違和感・・

    あっと言う間に長男が小学生です。彼が生まれてから6年の月日が経…

  3. 社員ネタ

    断然トップ。略して「ダントツ塾」に行ってきた。

    うちの大樹と健也、琴音がダントツ塾っていうものに入…

  4. 僕の戯言

    楽しむも楽しまないも自分次第

    仕事をしていく中で、いや、人生を生きていく中で「楽…

  5. 僕の戯言

    それは次の「進化」に必要な事かもしれない【破壊神】

    相原琴音  通称 破壊神スペック とにかく…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    終わりを思い描く事から始める
  2. 僕の戯言

    「それ・・お前のさじ加減だろ・・・」って絶対に言う話。
  3. 僕の戯言

    ちくわ手づくり体験をしてみたんだ。
  4. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること
  5. 僕の戯言

    母の誕生日に思う事
PAGE TOP