僕の戯言

ものすんげー怖かった親父が。

 

子供が出来ていろいろな事が自分の中で変わり出し、自分の周りでも沢山の事が変わり出しました。

 

長男が生まれてもうすぐ6年になりますが、子供が生まれた事によって子供自身が勝手に周りに影響を与えてるって事って凄く多いと思うんです。

 

その中で僕の周りでもよく聞く自分の親の変わり具合はやっぱり大きいです。

 

 

 

「孫は違う」ってよく聞くけど本当だね。

 

僕は小学生、いや中学生くらいまで親父が怖くて仕方なかったんです。

 

学校サボって学校の先生に怒られようが、何かして警察に捕まろうが何よりもその後の親父が怖かった。

 

恐怖以外の何物でもなかった。

 

どれくらい怖かったかって言うと、小学生がお祭りに行くのに「屋台で何か買いたいから500円ください」って言う事を1週間前から気を持ちながら準備しないと言えないくらい怖かった。

 

小学校4年生で「門限を5時から6時にしてください」って言うのに1ヶ月くらい掛かるくらい怖かった。

 

それくらいただただ怖い存在だった。

 

それでも世の中に親父に比べて子供がやる事にだいぶ寛容的で理解があった。

 

中学から18歳くらいまではいろいろあって迷惑もかけたけど、基本的にぶん殴られて終わりで特に後ずさりもなく、その後の規制が厳しくなる事もなかった。

 

だから何かあって迷惑掛かりそうな時は親父にだけは先に話しておいた。母親には内緒で親父には先手を打っておいた。そうしたら恐るものは何もないから。

 

それくらいただただ怖かったんだ。

 

その恐怖の代名詞とも言える親父が笑ってる。

 

すげー笑顔。

 

img_5096

 

自分の子供が生まれるまで見た事無いんじゃないないかって言うくらいの笑顔。

 

だから子供たちは「じーじ」が大好きだ。

 

だってじーじが怖いって知らないから。

 

img_5103

 

この前、空気を入れて遊ぶバットで遊んでいたんだ。それで長男がじーじの頭を叩いたんだ。その前にじーじが先に長男の事を叩いて遊んでいたからそれのお返しでやり返したんだ。

 

そんなわけない。怒るわけないのはわかっているのだが、俺は一人で「ヒヤッ」っとして見ていてが「おー!!やったなーーー!!!w」って言いながらその後も戦い遊びをしていた。

 

その時思ったんだ。

 

 

 

孫ってスゲーなって。

 

 

 

孫に対しては教育する「責任」が無いから、ただただ可愛がればいい。って誰かが言ってたのを思い出して、こういう事なんだなって改めて感じたんです。

 

だってもし僕が子供の時に空気の入ったバットで叩いたら、空気入ってない拳で殴られて終了だったと思うんです。

 

それが「おおー!やったなーーー!w」ですからね。

 

孫って素敵です。僕も孫に対してそうなるのかな?

 

 

それでは親父さんに愛を込めて

 

img_5096

 

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 親が結婚35周年だったんだ。
  2. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  3. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  4. 「フォッコ」と「きゅうり」
  5. とにかく楽しすぎる私の日常

関連記事

  1. 僕の戯言

    あなたは悔し涙を流せるほど本気になっていますか?

    先日うちの美希と琴音がメイク講習を行ったんですね。…

  2. 僕の戯言

    えーーーーっと・・・家族旅行!!

    本当につい先日の話なんですけど、家族旅行に行ってきたんです。そ…

  3. 僕の戯言

    笑わない店員さん・・・

    いつもニコニコしている人や明るい空気の人の周りはい…

  4. 僕の戯言

    「お兄ちゃんだから」をプラスの意味で

    どーもー。最近キャンプに行きたすぎて、仕事の合間にキャンプの事を考えて…

  5. 僕の戯言

    【これは驚き】すげー新人が入ってきた・・・

    そろそろ紹介しましょうか。今年入社したうち…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    地域の女子高生に人気があるみたいなので、ボロクソに書いてみる。
  2. 僕の戯言

    美容師人口が減ってるって言うけど
  3. 社員ネタ

    僕たちの忘年会ってこんな感じ
  4. 僕の戯言

    笑わない店員さん・・・
  5. 僕の戯言

    この8ヶ月で凄い変わったなぁって思って
PAGE TOP