僕の戯言

子供の頃の思い出って、何を基準に記憶に残ってるんだろう。

 

この前のお休みに僕が子供たちの保育園をお迎えに行ったんです。

 

その日は朝は会社の会議でその後に保健所、そして銀行とまぁまぁ行かなければ行けないところがあり、火曜日だけど保育園に行かせたんですね。

 

だけど夕方には空いたので、サプライズで僕がお迎えに行っちゃおうと。

 

まぁ案の定二人ともテンション上がってくれるんですけど、車で3人で走ってると「この前みたいに内緒で本屋さん行きたい」って言うんです。

 

 

何かが印象深かいから思い出

 

「この前みたいに」のこの前のが全然思い出せなかったんですよ。

 

いつ??って聞いても「雨の日でー」とか言って結構鮮明に覚えてるみたいなんですけど、僕は全然思い出せなかった。

 

ただ話を聞いている限りでは冬だし、次男はまだ保育園に行ってないので1年以上前になると思うんですけど、何がそんなに印象深かったのかわからないです。

 

たぶんお父さんが迎えに来て何もイベントが無いのに本を買ってくれたっていうのが強烈に残っているのでしょうか?

 

img_5056

 

でもこういう事ってありますよね?

 

僕もなんでその場面なのかわからない子供の時の記憶ってあります。

 

親が思い出として残るだろうなって思う「旅行」や「遊園地」よりも意外と普通の日常の中で起きる事柄を覚えていたりするんですね。

 

子供の脳は記憶として残すデータの保存の仕方が違うんですかね。

 

今の僕が過去1年を振り返ってみても、思い出す事はその時に思い出として残りそうな事がある程度わかっていた事の方が圧倒的に多い気がします。

 

きっとこのブログを書いている事も1年後に覚えていないと思います。

 

でも僕的に非日常な感じで書いたブログは憶えてると思うんです。例えば逆立ちで書くとか・・・

 

そう考えるともっと毎日を大切に全力で生きていかないとって急に思いましたw

 

そんな事を思うつもりじゃなかったのに、この記事書いてて急に思いましたw

 

記憶に残る毎日を。

 

img_5054

 

 

それではブラザーズに愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  2. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  3. なんか感慨深いものがあった入学式
  4. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  5. 彼が【男泣き】をした理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    僕たちのお正月

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。み…

  2. 僕の戯言

    ミクロコロンコロンのお食事事情

    子供がいると結構なお父さんお母さんが一度は悩む食事問題。うん。…

  3. 僕の戯言

    幸せメッセージ

    これだけ情報が溢れている世の中で仕事をしていると、…

  4. 僕の戯言

    次男が4歳の誕生日だったんだ。

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン5月28日で4歳にな…

  5. 僕の戯言

    あなたはどっち派?2種類の上司。

    社員が育っている企業には必ず共通点があるんですね。そう。上司が優秀。…

  6. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。

    あいつが帰ってきた。暴れん坊のあいつが帰ってきた。1年…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 社員ネタ

    そりゃー笑うでしょう。笑う門には福来たる。でしょう。
  2. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性
  3. 僕の戯言

    彼が【男泣き】をした理由
  4. 僕の戯言

    感動の再会・・・でもないだろ。
  5. 僕の戯言

    【しんゆう】変わらない場所
PAGE TOP