僕の戯言

「粉もんバル」に行ってきたんだ。

 

うちの会社では色々なチームがあるんですね。広報やSNSをするチームや、材料を仕入れたり経費を考えたりするチーム、そして技術向上のテクニカルチームなどがあります。

 

そして今回は顧客満足度探索チーム(今考えました。本当はC2)の食事会です。

 

お客様に喜んで頂ける行動や、企画を発案し実行していくチームです。このチームとは月に一度「繁盛店」に食事に行くんです。

 

売れているには理由があるわけですから、それを実際に体験しにいくんですね。

 

 

 

 

こ、粉もんバル??

 

チームLINEにメンバーが毎月「ここに行ってみたい!」「ここがお客様から評判良かった」なんて言ってみんなで場所を決めるんです。

 

今回はまだ出来て一ヶ月くらいのお店で、僕たちの会社の飲食部門でも粉ものを扱っているので、是非見に行ってみようという事になりました。

 

img_5242

 

JR小岩から徒歩7分くらいの所にあるのですが、この「くう」と言うお店はここ以外にも小岩で立飲みや、和食のお店を展開しているんですね。

 

そして今回は「粉もん」と言う事で、お好み焼きやたこ焼きがメインです。

 

img_5233

 

出汁の効いたたこ焼きとお好み焼きは美味しく、ふわっふわ焼きっていう明石焼をお好み焼き風に焼いたものも美味しかったです。

 

ただやっぱりバルって言うだけあってご飯を食べに行く所ではないですね。

 

飲んだ後2軒目に行く所。

 

それとラインナップがほとんど一緒で3連休の中日なのにサラダ系が全部無いのは少しマイナスだっかな?

 

でも店内も綺麗だし、可愛い感じにはつくられています。

 

img_5244

 

 

みたいな偉そうな事言ってますけど、他のお店に食べに行くのは勉強になりますね。

 

自分たちの会社の店しかみないと考えが凝り固まっちゃいますし、実際にお客様として足を運ぶと気づきが沢山あります。

 

常日頃からアンテナを張り巡らせて、少しの事でも具現化して会社に活かせるように過ごしていきたいですね。

 

それをやっているか、ただなんとなく日常を過ごしているかでは全然違いますからね。

 

img_5243

 

さてさて来月はどこに行こうかね。

 

それとあとはこんな楽しいメンバーに囲まれて食事をするこの時間がとても好きです。

 

それでは粉もんバルに愛を込めて

勝野太一朗

 

img_5245

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  2. 君を見ていると思うこと
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  5. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について

関連記事

  1. 僕の戯言

    お母さんの誕生日プレゼントを悩む二人の苦悩

    今月妻の誕生日があったですけど、息子たちからも何か…

  2. 僕の戯言

    朝にゆっくりする時間なんてない!!!

    子供がいて朝の時間を優雅に過ごすって結構難しいよなって、今更ながら思っ…

  3. 僕の戯言

    素敵な人たちに囲まれてるってしみじみ感じた件

    やっぱりSNSって素晴らしいなって改めて思いますね…

  4. 僕の戯言

    次男が4歳の誕生日だったんだ。

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン5月28日で4歳にな…

  5. 僕の戯言

    チーム力とは信頼そのもの

    どーもー!キャンパー兼美容室と鉄板焼きのシャチョーです。8月も…

  6. 僕の戯言

    写真見返すと子供より楽しそうでひく件

    何事も全力で楽しくをモットーとしている僕のお話です。写真を見返…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    僕がこんなに楽しいアプリを一瞬で嫌いになった理由
  2. 僕の戯言

    地域の女子高生に人気があるみたいなので、ボロクソに書いてみる。
  3. 僕の戯言

    ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  4. 僕の戯言

    勝負は真剣なほど面白い。【お遊戯走り】
  5. 僕の戯言

    友達に感謝。大切な場所だなって改めて思う。
PAGE TOP