僕の戯言

「人と違ってていい」と思うんです。

 

社会に出て働いて組織に属していると、絶対にどこかで「歩幅」は合わさなくてならないと思うんです。

 

その会社によって求められる歩く速度が違うので、一概には言えませんが同じベクトルで向いている方が同じなら、多少はスピードも違くて良いと思います。

 

でもそれって進んでいる方向や速度の話であって、歩き方や歩く時の格好、ましてや息継ぎまで一緒にする必要はないと思うんです。

 

 

 

「自由にするところ」を間違えない

 

逆に言えば無意味に型にハメようとする必要もない。って言うのが僕の考えです。

 

歩いたり走ったりする方向さえあっていれば、それがその目的地に向かっているのなら、ある程度は自由を活かすべきだと思っています。

 

もちろん組織ですから高い基準でのスタンダードは必要です。マニュアルも必要だし、一般教養も絶対に必要。

 

ただ、型にハメていくって事は個性を潰すって事になってくると思うんです。

 

だから難しいですよね。ある程度は会社の色になっていく中で、型にはハメず個性を活かすって。

 

IMG_1491

 

 

だからやっぱり大切なのは上司力。

 

だって上司って多大な影響を与えるじゃないですか。ただ上司って言うだけで良くも悪くも影響力はあるんです。

 

上司は自分が経験してきた事をベースに後輩を指導していくと思うんですけど、それだけだと大幅に足りないし、どうしたって時代遅れになっちゃうんですよね。

 

よくある「俺の時はこうだったから」のやつです。

 

もちろん「俺の時は」で大切な事は継承していくべきですし、伝えていくべきです。だけども上司が進んで勉強していないと、ただ自分が経験してきた事だけでの世界でしか、指導や教育ができないので凝り固まっちゃうんです。

 

上司力が高ければ高い分だけ、後輩にはある程度の自由は持たせて、個性を活かせてあげられる。そして責任は上司が取る。これが理想ですよね。

 

「ここは絶対にこうだ」「こういう風にやると上手くいく」ってキッパリと言うところは言ってあげて、無意味に比較して怯えて行動できない人達には人と違う事は悪い事じゃない。それはお前の個性だ。って言ってあげれるのがベストな上司かな?

 

ってあるセミナーを受けて考えた事。

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. とにかく楽しすぎる私の日常
  3. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。
  4. 彼が【男泣き】をした理由
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    最高に嬉しそうな2人の誕生日会

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。こ…

  2. 僕の戯言

    ほーう。なるほどね。こういう風に下克上が始まるんだ。

    先日のお話。柴又店に行った時におデコ連盟会…

  3. 僕の戯言

    こ、このポーズはもしや・・・

    ・・・・・・・・・・&…

  4. 僕の戯言

    強い男になる為のノート

    先日ある男とお風呂に入っていました。その男はこれから小学校に入…

  5. 僕の戯言

    りょ、料理うまいよね・・・・

    先日は三男の誕生日会がありました。その前の週に次男の誕生日会が…

  6. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。

    あいつが帰ってきた。暴れん坊のあいつが帰ってきた。1年…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。
  2. 成田ゆめ牧場でキャンプしたら山羊が怖すぎた件
  3. KFC始動したぜ!!
  4. イベントの罰ゲームにオススメの18禁カレー
  5. 「親が楽しむこと」が子供を楽しませる秘訣

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    肉を喰らえ!!肉を食らうんだっ!!!
  2. 僕の戯言

    地域の中学生の職場体験
  3. 僕の戯言

    この8ヶ月で凄い変わったなぁって思って
  4. 育児奮闘記

    夏の始まりはいつも
  5. 僕の戯言

    子供たちとの買い物中に僕が終始この顔だった理由。
PAGE TOP