僕の戯言

自由と責任は必ずワンセットだという事

 

この前の未来会議で思った事。

 

まず一つ目。

 

 

 

こいつのグラスはなぜこんなデカいんだ。

 

img_5829

 

 

普通に飲んでるけど、絶対におかしい。俺の目の錯覚かと思ったけど健也のだけグラスが異常に大きい。初めは身長が2mもあるからなのか?って思ったけど、それなら普通逆だ。グラスが小さく見えるはずだ。

 

健也がホクホククルーと話している間に、内緒で僕が飲んでる竹鶴ハイボールのタンブラーと比べても明らかにおかしい。

 

img_5831

 

 

ま、まぁいい。今回お話ししたいのそんな内容ではない。

 

 

 

自由と責任ってワンセットだよね。

 

 

仕事とかしてて思うのですが、自由に行動したいなら責任は負うべきなんです。

 

上司としての責任。部下としての責任。お客様への責任。

 

それを分からずに上司になったからと言って何でもかんでもやりたい放題。もし上司としての責任があるなら、その行動をとる事によってどんな影響与えるか、部下はどんな風に思うのか考えるべきです。

 

それが上司の責任の一つ。

 

だから自由には責任が伴うんです。その上司はやりたいようにやって、部下はその上司に直接言えるわけもなく、その上司が相手にされないだけならまだしも、不満が積もり、チームの士気が下がる。しかもそれを気づかない。

 

まさに無責任なだけです。

 

だから上司になればなるほど責任は大きくなるんです。

 

それをわからずにただ偉ぶってるだけの社歴の長い人は責任なんてないのだから、自由を取り上げるべきです。徹底管理するべき。

 

でないともっと下の部下たちが困ります。

 

 

 

子供が万引きしても捕まらないのは責任がないから

 

極端ですけどね。未成年はよっぽどの事を何回も繰り返さない限り、鑑別か少年院に入らないです。

 

ましてや万引きくらいじゃ親が警察とその店に行って終わり。

 

なぜなら親の責任だから。子供の罪が問われる事はほとんどない。

 

でもそれは自由じゃない。親の元にいて、親の監視下にあって、親のルールにのっとって生活をしていかなければならない。

 

だから子供こそ自由じゃないんです。「子供は自由でいい」は間違いですw

 

 

ってまぁ極端な話をしましたけど、自由とは自分の決断に責任を持つ事です。

 

責任感のない人は自由になんかなれない。

 

 

そんな事を思った少し涼しい秋の始まり。

 

それでは責任感のない人に愛を込めて

勝野太一朗

 

 

PS 健也の写真を使いましたが、健也の事ではありませんw

 

 

お気軽にFacebookの友達申請をしてください。

お待ちしております。

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. なんか感慨深いものがあった入学式
  4. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  5. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?

関連記事

  1. 僕の戯言

    ヘアショー(スピンオフ 大樹編)

    先日のヘアショーで僕たちはトップバッターだったんで…

  2. 僕の戯言

    親父としてその事だけはツッコマずにはいられない。

    うちの長男はこの春に保育園の年長になるんです。…

  3. 僕の戯言

    幸せメッセージ

    これだけ情報が溢れている世の中で仕事をしていると、…

  4. 僕の戯言

    本当に素敵な関係性だなって思うんだ。

    美容室の中で大きなイベントの一つの成人式。今年も有難いことに2…

  5. 僕の戯言

    お客様の言葉ってマジでパワーもらえる。

    うちの飲食部門鉄板ダイニングH…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    いやwちょっと待った!色々と言いたい事がある。
  2. 社員ネタ

    毎日続けることで才能をも凌駕する
  3. 僕の戯言

    「イクメン」って言う言葉が嫌い
  4. 僕の戯言

    このスポーツやってほしいとかはただの親のエゴ。
  5. 僕の戯言

    友達に感謝。大切な場所だなって改めて思う。
PAGE TOP