僕の戯言

最強コンビかもしれない・・・

 

◼︎勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン

◼︎意気込み 食に対する情熱だけは誰にも負けない自信があり、沢山食べれる事を誇りに思っている3歳児。

 

 

そんな彼がお菓子を隠し持っています・・・・

 

 

img_5870

 

 

パンツにお菓子を入れて・・・ん?よく見ると弟のお菓子だな。

 

これを食後のデザートに食べようとしています。

 

 

img_5870

 

 

 

そう。それはまさに「自由」

 

自由なんですよ。発想が。

 

子供だからもちろん常識に囚われない考え方をするのは当たり前の事なんですが、発想がすごく自由です。

 

3兄弟の中でも特に際立って自由度が高い気がするんですよね。

 

先日もなぜか生茶を寝床にっていうテーマで一人で遊んでいたんですね。

 

少しコンセプトがわかりづらかったんですけど、彼の世界観はそんな事はお構いなしで過ぎていくんです。

 

img_5916

 

 

あ、あったかそうで何よりです・・・

 

 

 

奇跡のツーショットかな?って。

 

写真を見返していて、パンツに隠すお菓子にばかり目がいっちゃってたんですけど、結構なレア度でツーショット撮れてますね。

 

普通ならあまり気にしないかもしれないですけど、ミクロコロンコロンだと余計に気になっちゃうんですね。

 

そう

 

 

 

後ろにマツコさんが映ってる・・・

 

img_5914

 

 

 

 

 

しかもお前を見てピザ食べてる・・・・

 

img_5915

 

 

何かがシンクロした瞬間だったのでしょう。

 

君がどこを目指すのか、このままジェイソールを目指すのか、それともマツコさんの席を奪いに行くのか、俺にはわからない。

 

ただマツコさんの席も相当なごく一部の人間にしか座れない、ただならぬ険しき道。

 

覚悟しておけ。

 

それとこれだけは言わせてくれ。マツコさんみたいになったら今のお前の愛称のミクロコロンコロンはもう使えねぇ。ミクロじゃねえし、コロンコロンっていう可愛い感じでもねぇからな。

 

まぁその時は父ちゃんがまた考えてやるからな。

 

わかったな?しゅん!心配するな!

 

 

img_5914

 

 

それでは隼さんに愛を込めて

勝野太一朗

 

 

 

お気軽にFacebookの友達申請してください。

お待ちしてます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  2. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  3. いや、100㌫全開だよ。
  4. とにかく楽しすぎる私の日常
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 育児奮闘記

    人って恥ずかしいと本当に頭を掻くんだね・・・

    ◼︎勝野家長男 蓮ノ介 5歳 保育園年長◼…

  2. 育児奮闘記

    しゅんくんのファッションチェック第3弾!!

    ◼︎勝野家次男 通称ミクロコロンコロン たんぽぽ組…

  3. 僕の戯言

    功太の誕生日と大事な話とおデコ連盟会長

    このネタの記事はいっつもPV数がすごく悪くなるんで…

  4. 僕の戯言

    嵐山渓谷に行って来たんだ。

    どーもー!美容室と鉄板焼きの社長、そしてキャンパーのどうも僕です。…

  5. 僕の戯言

    大切な時間を無駄にしない

    どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。あと少しで9月も終わ…

  6. 僕の戯言

    お見事!マラソン大会でも1位。

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です!今…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 未分類

    絵心・・・・【未完の情景】
  2. 僕の戯言

    子供の歯が抜けて蘇ってきたあの時の僕の記憶。
  3. 育児奮闘記

    子供を引きずってでも勝ちたかった親子競技
  4. 僕の戯言

    マジで「ぶらり途中下車」になりそうだった件
  5. 僕の戯言

    新人の一人が凄く異世界の住人だった件
PAGE TOP