僕の戯言

ミクロコロンコロンのお食事事情

子供がいると結構なお父さんお母さんが一度は悩む食事問題。

うん。これはあると思う。

なかなか食べてくれない。食べるのが遅い。好き嫌いが多いなど色々あります。

うちも3人目ともなればこっちも経験を積んでいるので、さほど気にすることはありませんが一人目の子供の時とかは本当に悩みます。

「こんな食べなくて大丈夫だろうか?」「食べ始めると他に気が散っちゃう」とか親は本当に心配するんですよね。

でもね。絶対に大丈夫です。

自分たちもそうやって大人になっています。大人でも嫌いな食べ物あります。

人それぞれの個性と思って問題ないと思います。

 

もちろん親としての食育は必要

親の子供の食事に対しての知識は必要です。

栄養バランスを考え、決まった時間に食事を食べさせ、好きな物嫌いな物を把握するっていう事くらいは最低限必要です。

でも食べない時は食べません。

そもそも食に興味がないと子供は食べません。だから興味を持たせようと努力はしますが、興味ない事に興味を持たせるほど難しい事はありません。

だからそこまで気にしなくて大丈夫です。これが3人育てて思った事です。

次男には興味をそらそうって思っても食に対しての思いが強すぎます。

めちゃくちゃ食べます。

意外かもしれませんがめちゃくちゃ食べるんです。

「もう食べなくていいよ」って言っても食べます。

 

ただただ食べます。

 

ほんと意外ですけどただただ食べるんです。

 

 

ある意味で食育に失敗しています・・・

お腹が空いたから食べるを通り越して3歳なのに味を噛み締めます。

風味を楽しんで味を噛み締めます。

それでまたひたすら食べ続けます。

同じように育てているのにこんなに違います。

長男はここまでガッつきません。小さいころは本当に食に興味がなく、僕も妻も色々試しました。ネットで出てくる事はほとんどやってみました。

でもそういう事じゃないんですよね。

今だって「よく食べるな」って事はあまりないですが、身長体重はいたって標準です。

だから安心してください。

逆に今は食べすぎな次男が心配です。

大丈夫なのでしょうか?平日は妻が食事管理をして、野菜や魚を沢山食べさせていますが、休みの日は僕と一緒に外食も結構あるので解除されます。

その時は彼自身がリミッター解除されます。

大丈夫でしょうか?正解でしょうか?

 

どの歳になっても食育に悩まされる親の話でした。

それではミクロコロンコロンに愛をこめて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. なんか感慨深いものがあった入学式
  4. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  5. お、おう・・・

関連記事

  1. 僕の戯言

    親が子供にさせたい事と子供がしたい事は多分違うと思う件

    一人遊びの天才がいるんです。体格に似合わずなぜか細かい遊びが好…

  2. 僕の戯言

    父親が一人で子供を見る時の「凄い良い子だったよ」は間違え

    どの家庭でもあると思いますが、たまに半日、1日育児…

  3. 僕の戯言

    お父さん大好きっ子

    凄い喜んでるな。たぶんお父さんの事大好きで仕方ないんだろうな。…

  4. 僕の戯言

    後輩より先にまず先輩から変われよ。

    お仕事をしていてよく耳にする「業界をよくする〜」「…

  5. 僕の戯言

    【変革】第2章始めます。

    柴又店が一本裏の道から今の場所に移転してから6年が…

おすすめ記事

最近の記事

  1. りょ、料理うまいよね・・・・
  2. 自分が親なんだって再確認する父の日
  3. 明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・
  4. 1つの不幸と10の幸せ
  5. 不思議な子だけど芯がある

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    どうしてもお兄さん振りたいんだ。
  2. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること
  3. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。
  4. 僕の戯言

    第一回お絵かき選手権【京成小岩編】
  5. 育児奮闘記

    ミクロコロンコロンのヒーロー感
PAGE TOP