僕の戯言

地域の小学校にセミナーをしてきたんだ。

どーもー。鉄板焼きと美容室のシャチョーです。

先日、自分の息子が通っている小学校にパーソナルカラーセミナーをうちの会社でやってきました。

スタイリスト鶴、アイリスト美希には午前の予約を切ってもらい、アシスタントの優衣と当日は公休を取っていて休みだった「僕も行ってもいいですか??」との電話があり急遽参戦の大樹も含む5人で行ってきました。

 

繋がりを大事に

そもそもが地域密着型ビジネスのこの美容業は地域との関わりだけは絶対に怠ってはいけません。

色々な意味で「地域にとって無くてはならない存在」になるため僕たちは日々活動しているのですが、今回も小学校からお話があり、迷わずセミナーをさせて頂くことにしました。

僕の妻は小学校のPTAをやっていて、年に2度ほどあるお母さん方向けのイベントがある話を僕に教えてくれ、PTAの役員の方にも「美容のこういうイベントセミナーは出来ます」と話をしてくれて今回の企画が実現しました。

結論から言いますと、とても楽しかったです。

当日を迎えるまでにPTAの役員の方と打ち合わせや、学校に配布するためのチラシ作成など、沢山の協力を経て楽しいイベントが成功しました。

 

登壇したみんなも本当にご苦労様

基本的には鶴が内容をお話して、他の3人はサポートでしたが本当にご苦労様でした。そしてありがとう。

その日を迎えるにあたり、沢山の準備をして社内でも本番と同じようにセミナーをやってみたりと本当に頑張ってくれました。

ただね・・・緊張しいのあいつがね・・・・w

朝からなんか顔が引きつってるなーって思ってたんですけどね。

朝一で会った時「太一朗さん・・気持ち悪いっす・・・」な状態な彼でしたが、バッチリ決めてました。

間違いなく毎月社内でやっているプレゼン発表も活きたはずだし、可能なら毎年やらせて頂き、いろんな事をして地域の人と楽しみたいなぁと思いました。

協力して頂いたPTAの方々、学校、来場されたお母様方、遊びに来てくれて凄い元気でパワフルな副校長先生、そして頑張ってくれた社員のみんな、サロンに5人で残って頑張ってくれたメンバー。本当にありがとうございました!

 

それでは皆様に愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 父親としての子供との時間
  2. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  3. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。
  4. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  5. 「フォッコ」と「きゅうり」

関連記事

  1. 僕の戯言

    3番目の男は色々と大変だ

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼、最近夜が遅いのが続いているけ…

  2. 僕の戯言

    地域の女子高生に人気があるみたいなので、ボロクソに書いてみる。

    なんかねー。人気があるみたいなんですよ。京…

  3. 僕の戯言

    すごーーーーくダサい人。。。

    なんか最近彼の中で流行ってる事があるみたいなんです…

  4. 僕の戯言

    「それ・・お前のさじ加減だろ・・・」って絶対に言う話。

    うちでは美容室も飲食もブラックボードを活用するんで…

  5. 僕の戯言

    アチョーーーーアアアアイイイ!!!!!

    ◼︎坂西いくと ◼︎通称 肉まんちゃん&n…

  6. 僕の戯言

    親が結婚35周年だったんだ。

    先日は僕の両親の35周年の結婚記念日のパーティーをいたしました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    ミクロコロンコロンの拾ったもの。
  2. 僕の戯言

    ちょっwちょっと待てーーーーい!!
  3. 育児奮闘記

    やっぱり男の子って「探検」って言葉が好き。
  4. 僕の戯言

    多分この二人は僕の事「あんちゃん」だと思ってる。
  5. 僕の戯言

    どんな状況でもやる人はやるし、やらない人はやらない。
PAGE TOP