僕の戯言

た、楽しかったんだよな?

どーも。チャちょー(シャチョー)のめいっこのリコたんでちゅ。

この前じんしぇい(人生)で2回目の海に行きまちた。

とってもあちゅいし(暑いし)じぇんじぇんたのちく(全然楽しく)なかったけど、宿命だと思って受け入れていまちた腕がチョココロネって言われるリコたんでちゅ。

わたちはかわいいって思っているのに、周りの大人たちは2頭身だとか、ハウルの動く城の荒地の魔女の魔力が無くなった時に似てるとか言ってくるリコたんでちゅ。

の叔父兼シャチョー兼キャンパーのどーも僕です。

はい。ということでね。毎年恒例の社員や社員の家族等総勢30名ほどで海に行って来たのですが、そこで僕が少し気になったことを。

 

最高に楽しい。でいいんだよね?

毎年九十九里の海に行くんです。

まぁ近いし、海の家の人は知り合いくらいに仲良くなってるし、ファミリー層も多いから安心なんです。

そして僕たちの海は基本は自由。行き帰りだけみんなで集合して、海ではスイカ割りなどのイベント以外は各自が好きに過ごすシステムなんです。

子供と遊ぶのもよし

 

腕をチョココロネにするもよし

 

砂に埋めてもらうもよし

 

トリスハイボール飲むもよし

そんな感じで自由に過ごすわけです。

子供も結構いるので大人たちが遊んでくれて子供たちの最高に楽しいわけです。

そんな中ホクホクの寛太はホクホクのバイトの子達と存分に楽しむわけです。

もちろん子供達とも遊んでくれます。

 

そんな中僕が気になった写真。海の中で存分に泳ぎまくる彼。

そして波が後ろからザッブーンと。

 

???

 

こ、これは・・・・

 

 

後ろのヒロはわかる。ケラケラ笑ってピースしてザ・海ですよね。

か、彼は・・・・

 

ど、どういう感情?

それどういう感情?

 

波に飲まれても動かざること山の如しをテーマにしているのか、明らかに水面でも微動だにしていない様子。

 

す、すごい。

 

次の日会って話してたら「めちゃめちゃ楽しかったです!」って言ってたけど楽しかった?

 

砂の上でほふく前進してたけど楽しかった?

 

俺は写真でしか見ていないけどこれこそどういう状況?

 

スイカ割りも結局寛太が割ってくれたけど、棒を渡した時のあのポーズはどういう意味?

俺帰ってからも1人で考えていたんだけどわからなかった。あれどういう意味?

 

よーし!割るぞーーーーー!!の意味?

 

まぁいいか。楽しかったんだよな?

隼と寛太はすげー楽しそうだったってみんな言ってたぞ。

 

 

そんなこんなの終わりかけの夏の話。

それでは隼と寛太に愛を込めて

 

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  2. KFC始動したぜ!!
  3. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  4. なんか感慨深いものがあった入学式
  5. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。

関連記事

  1. 僕の戯言

    今日誕生日迎えた櫻井氏に捧げるメッセージ

    どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。あっ…

  2. 僕の戯言

    入社4年目の美希ちゃん 〜真夜中のアイス〜

    時刻は24:00 夜中なのに蒸し暑く夏をより一層感…

  3. 育児奮闘記

    3番目の男の苦悩

    すごい場所でリラックスしている3男。&nb…

  4. 僕の戯言

    ついに解禁しました。

    ついに解禁したんです。もう僕のブログを読んで頂いている方はわか…

  5. 育児奮闘記

    メキメキと成長している息子たちを見て

    夜中に海外ドラマを観ていて、そのまま寝てしまうっていうことを繰り返して…

  6. 僕の戯言

    父親としての子供との時間

    みなさんのお子さんは何をして遊んでいる時が一番楽しそうですか?…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    僕がアンデルセン公園を嫌いな理由
  2. 僕の戯言

    走り出すための準備を
  3. 僕の戯言

    こんなに息子に愛されて嬉しい。
  4. 僕の戯言

    僕はこうやって子供からの票を集めてきた。
  5. 僕の戯言

    どんな状況でもやる人はやるし、やらない人はやらない。
PAGE TOP